« 為替ドットコムのキャンペーンにやられました | メイン | マンション査定で思わぬ金額が出ました »

日経225と日経225ミニ(mini)についての解説

日経225の「225」ってなに?ということで日経225について調べてみました。

まず、「日経」は「日本経済新聞」のこと。で、「日経225」というのは日本経済新聞社が日々算出し公表している株価指数のなかで東証一部上場銘柄のうちの「225銘柄」を対象としているから「225」なのだそうです。

一般的な株の取引では、個別に企業の株式を買うことになるので、上場している4,000もの銘柄の中から、各企業の業務内容や、業績、現在の株価、さらには世の中の動きなどを考え、一つ一つを検証していかなくてはいけません。

しかも、業績悪化による倒産や上場廃止、粉飾決算や、偽装などによる株式の大幅下落などの株価の不安定さに悩まされることも多くあります。

日経225の良いところは、こういった悩みが不要、というところにあるようです。

また、日経225先物というものもあり、こちらは、いうなれば「株の商品先物取引」といったもので、あらかじめ決められた期日(3月・6月・9月・12月の第2金曜日の前日)に株価指数を取り引きした時点の価格で売買することを契約する取引のことです。

この場合、もし損があっても、期日には売らなくてはいけません。

さらに、もうひとつ、「日経225ミニ(mini)」というものもあります。これは、大阪証券取引所が個人投資家向けに開発した商品で、従来の日経225先物取引では、たくさん必要だった資金が10分の1でOKなものです。

この商品の登場で、これまで日経225を利用したくても資金不足で諦めていた個人投資家や、これから投資というものにチャレンジしたい人も利用できるようになりました。

それにしても、4,000銘柄もある中で選ばれた225銘柄って何でしょう?次はそれを調べたいと思います!

About

2008年10月23日 11:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「為替ドットコムのキャンペーンにやられました」です。

次の投稿は「マンション査定で思わぬ金額が出ました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。